株式会社 末弘商会

直結給水方式


直結給水方式とは・・・


貯水槽を通さず市配水管から直接中槽階へ給水する方法です。


○加圧ポンプ方式(現状)                             ○直結直圧給水方式

       

水をいったん受水槽にためて、                      配水管の水圧で5階まで
その後ポンプを使って                            直結給水する方法(吹田市)
中高層階まで給水する方法 



○高架水槽方式(現状)                                ○直結増圧給水方式
    

水をいったん受水槽に貯めて、その後                 給水管に増圧ポンプを設置し、水圧で不足分を
ポンプを使って高架水槽へ重力で各階                増圧して、中高中高層まで直結給水する方法
まで給水する方式


注:6階〜10階の建物は増圧ポンプ(ブースターポンプ)を

                                                        利用した「直結増圧給水」が可能です。(吹田市)






<直結直圧給水方式のメリット>
  1. 水質を水道部が管理するため毎年1回の受水槽・高架水槽の点検・清掃など、維持管理費の削減が図れる。
  2. 直結直圧の場合、配水管の圧力を利用するため、ポンプ等の電力代を削減できる。また、ポンプの取替費用も削減できます。
  3. 量水器の検針管理が不要になる(水道部が検針します)
  4. 8年おきの私設メーター取替費用(メーター本体・取替工費)が削減される。
  5. ポンプ・貯水槽の故障や、貯水槽への小動物・毒物混入等のリスクが軽減される。
  6. 貯水槽が設置されていたスペースの有効活用が図れる

<直結直圧給水方式デメリット>
  1. 停電時に配水管の供給が止まれば断水する。(高架水槽がある場合は一時的な水が確保されます。)
  2. 災害時や水道本管工事等の断水時には、一時的な水の確保ができなくなる。
  3. 既設管の水圧が高くなり、漏水の可能性がある。(各戸メーター以降は減圧弁で対応する。)
  4. 直結直圧給水方式への切替工事の際、工事費用がかかるとともに数時間断水する。


吹田市水道部       大阪市水道局      豊中市上下水道局